前橋市は、経済産業省と国土交通省が立ち上げた新プロジェクト 「スマートモビリティチャレンジ」の支援対象地域として採択されました(詳細は関連リンクをご参照ください)。
この事業の一環として、「前橋市MaaS実証実験」の実施が決定し、弊社は、前橋市、ジョルダン株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社NTTデータ、群馬大学と前橋市における交通ネットワーク再編の有効化に向けた技術協力に関する基本協定を締結し、2019年11月7日(木)に記者会見が行われました(写真:右から2番目 代表取締役社長 松原仁)。
市民の移動利便性向上のため、交通体系の再編を図るとともに、IoT、AI等の技術を活用した各システム、自動走行技術を連携させ、新たな移動サービス(MaaS)を構築します。
弊社はSAVSによるワンマイルタクシーの最適配車を行います。

実験内容

<前橋版MaaSアプリの開発・検証>

移動の円滑化検索アプリの開発と試験運用
対象地域:全市域
開始時期:2019年11月下旬
担当:ジョルダン株式会社

<定時定路線バス・鉄道と予約型デマンド交通の一括検索・予約>

各地域を運行するバス停方式のデマンドバスとその他移動手段の一括検索・予約
対象地域:大胡・宮城・粕川地区、富士見地区、城南地区
開始時期:11月下旬から段階的に実施
担当:ジョルダン株式会社,株式会社NTTドコモ

<ワンマイルタクシーの実証実験・効果検証>

タクシーとバスの相互利用促進策として実施。対象地区の中に、バスとの接続を想定した乗り換えポイントを設定。短距離移動を前提としたタクシーを活用し、ワンマイル手段を導入することで、移動実態の変化を検証する。
対象地域:芳賀地区
開始時期:1月中旬を想定
担当:ジョルダン株式会社,株式会社未来シェア

<自動運転バスとの連携>

11月30日に区間延伸が行われるシャトルバスの区間において、自動運転バスの実証実験を実施。運行管制システムとMaaSアプリの連携を行い、サービスレベルの拡充を検証する。
対象地域:中央前橋駅-JR前橋駅-けやきウォーク
開始時期:1月中旬を想定
担当:ジョルダン株式会社,株式会社NTTデータ,群馬大学

関連リンク