未来シェアは昨年に引き続き、長久手市で行われる定額乗合タクシー(N-タク)へSAVSによる技術協力を行うこととなりました。

実験背景

長久手市では、N-バス、名鉄バス及びリニモにより、公共交通の利便性の向上を図ってきました。しかし、バス停まで移動することができない高齢者等や運転免許証自主返納者の移動のニーズに対応できない課題が表面化してきており、将来を見据えた新しい移動支援の取組が求められています。
そこで、あったかぁど※1保有者でかつ75歳以上の方、12歳以上の障がい者、運転免許自主返納者、要支援・要介護者・事業対象者(要支援・要介護認定を受けていないが介護サービスを利用している人)、運転免許非保有者(65歳以上の方)等の移動困難者を対象に、本実証実験を行います。
また、高齢者等の移動ニーズを把握して既存の公共交通への影響を検証し、高齢者等の外出を促進するための新しい移動手段を検討することも目的の一つです。

※1 「あったかぁど」とは、長久手市が独自に交付している高齢者向けの優待カードをいう。
赤と青の2種類があり、赤あったかぁどは、満65歳以上の方又は満12歳以上の各種障害者手帳を持っている方が対象、青あったかぁどは、満12歳以上の各種障害者手帳を持っている方が対象となる。
→あったかぁどについての詳細はこちら
https://www.city.nagakute.lg.jp/chouju/chouju/service/yutai/attakaado.html

実験概要

  • 運行エリア:長久手市内
  • 運行日:2019年9月17日(火)~11月15日(金)まで※土日祝日を除く
  • 運行時間:午前8時~午後4時30分まで
  • 受付時間:利用日の1週間前から可能
    ※当日は、午前7時30分から午後4時までとする
  • 利用対象者:長久手市が発行するあったかぁど保有者
  • 予約方法:スマートフォンアプリ又は電話
  • 利用料金(一般利用者):
    1人1回片道300円(介添人は1人まで可、料金は別に300円)
  • 利用料金(モニター):
    無料乗車回数券(10枚綴2セット)を利用して乗車 (介添人は1人まで可、料金は別に300円負担) 無料乗車回数券をすべて使い切った後は、一般利用者と同様に1人1回片道300円
  • 利用料金の支払い方法:現金又はクレジットカード
  • その他:ご利用の際は、初回乗車時にアンケートのご協力をお願いしております
2019年8月28日現在、モニターの募集は終了しております。
一般利用者をご希望の方は関連リンクの長久手市ホームページをご覧ください。

関連リンク