株式会社未来シェアは、株式会社 JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行/以下、JTB)と資本業務提携を締結しました。
JTBが持つ長年培ってきたノウハウと、未来シェアの持つSAVSの技術を活かした「観光型MaaS」の本格普及により、観光地や地域が抱える社会課題を解決し、地域の活性化を目指します。

※MaaS:Mobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)の略称。
出発地から目的地までの移動手段を最適な形でシームレスに提供し、利用者にとって単なる移動手段に留まらない一元的なサービスとして捉える考え方。

業務提携の背景と目的

少子高齢化に伴い、特に地方の交通路線では、運転手不足が深刻な社会課題となっています。
一方、増加する訪日インバウンド観光客や旅行ニーズが多様化しており、観光目的地とバス停が離れていたり、少ない運行ダイヤに縛られ観光時間が限られてしまうという課題があります。車も「所有から利用へ」という消費者の志向変化やサブスクリプションビジネスが広がっています。これらの社会の変化や課題の解決に向けては、シームレスな交通社会を実現するモビリティサービスプラットフォーム「MaaS」(モビリティ・アズ・ア・サービス)の開発が進んでいます。
 そのような中、観光情報に関して豊富な情報を持ち、全国支店へのネットワーク を有するJTBと弊社のAIを活用したデマンド型の乗合いタクシーによる交通課題を解決に向けた実証を共に行っております。
「観光型MaaS」の導入に際しては、駅や観光拠点からのラストワンマイルの移動の為の利用が主体となることから、観光という短期間、特定エリアで宿泊予約と同時にアクセスも自由に選べるようなパッケージ化や利用期間や区間に合わせた周遊パスの導入も進めます。また、旅行会社であるJTBならではの交通以外の観光情報(宿泊、体験、入場、食事等)の予約決済もつなぎ合わせた「観光型MaaS」を目指します。

関連リンク