株式会社未来シェアは、株式会社JTB中国四国と協力し、中国運輸局・山陰インバウンド機構から受託した、平成29年度広域周遊ルート形成促進事業「宿泊施設での外国人実態調査及び消費拡大のための実証調査」(以下、本実証)において、クルーズ船外国人客を対象とし、AIを活用した相乗りタクシーの実証を行います。

2017年9月26日(火)と10月6日(金)、境港市に寄港するコスタクルーズ社の「コスタ・ネオロマンチカ」の外国人客に対して、AIを活用したオンデマンド型相乗り移動サービス(SAV)を提供、境港市内の観光地、レストラン、買い物スポット、温泉などの訪問地を相乗りタクシーで自由に訪問できる仕組みを実証し、クルーズ船寄港の際の時間内消費拡大の可能性について調査します。SAVの外国人向け活用として初の事例となります。

境港実験中のドライバー用端末の画面 境港実験中のドライバー用端末の画面

境港実験中の乗客用端末の画面 境港実験中の乗客用端末の画面

関連ニュース